ABlog

Ms.大丈夫による、おおよそ大丈夫な日々

わたしの思う幸せなひととき

茉莉子さんの交換日記企画に参加してから4か月強。

どんな記事が多く書かれているのかな、と、ブログに記録されている記事の数をざっくり数えてみたところ、ベスト3は以下のとおり。

1位  あなたの思う幸せなひととき

2位  大切な一曲

2位  大切にしている言葉

hikidashi-3.hatenablog.com

ちなみに手前味噌で恐縮ですが、自分の書いたもので多く読んで頂いたのが落ち込んだ時の過ごし方

日々楽しいこともあれば落ち込むこともあるわけで、静かに沼に呑まれては、そこからズルズルと這い上がって地味に泥を落としつつ何とか生きていますという話です。

 

今回は真逆のお話を。

 テーマ毎に皆さんのブログを改めて渡り歩いた結果、これについて書こうと思いました。

 

『 わたしの思う幸せなひととき』

 

私は他人の幸せな姿をそっと垣間見た時に幸せな気持ちになります。

結婚式やお宮参り、七五三などにたまたま遭遇したときのようなあの感じ。きっと空気中に幸せが満ち満ちている様子を見るのが好きなんだと思います。

物や状況も同様で、例えば、夏に冷凍庫いっぱいに詰め込まれたパピコ、実家の親子4人分の本がみっちり置いてある本棚、5合炊きの炊飯器で5合のお米を炊いて蓋を開けた瞬間、満員のコンサートホールの大拍手、満開の桜、グラスから升に溢れた日本酒などにも幸せを感じます。

 

1人で何かを噛み締める瞬間は幸せというよりは、楽しい…!!好き…!!といった気持ちのほうが強く、胸の辺りがずっしりと温かくなる感覚は他者からもたらされることが多い気がします。

自己発生する感情より、外にあるものに対して生まれる感情のほうが強い人間なのかもしれません。

それと個人的な考えとして、人は必ずしも全てにおいて当事者である必要はないと思っています。傍観者だからといって自分の考えがないということは絶対にないし、主観と客観をバランス良く保つためにも傍観者としての目線が視野を広げてくれる気がしています。

 

最終的によく分からない話になってしまいましたが、結論として、皆さんのブログやツイッターやそこでのやり取りを垣間見てはニヤニヤしている時間にとても幸せを感じていますよ、ということなのです。

立夏とGW報告

今日は二十四節気でいう立夏。暦の上ではもう夏。

先月とは違う陽射しの強さや日に日に濃く鮮やかになっていく緑の匂いに季節の移り変わりを感じています。

今年は草木の成長サイクルが早いのか、例年GWに満開になる家の前のコデマリの花が早々に散って少し寂しいです。

そして端午の節句でもあります。柏餅は買いそびれて食べていませんが、子どもの頃は好きじゃなかった味噌あんが無性に恋しい。

そんな私の最近はこんな感じでした。

 

アカデミー賞授賞式を終えて

4月26日(現地は25日)に例年ウォッチしているアカデミー賞授賞式がありました。

仕事の合間にチェックしていましたが、やはりいつもの盛り上がりには欠けていた気がします。

予想は結局監督賞しか当たりませんでした。今年は本当に票の動きが読みづらかった。配信のみの映画も対象となった今年でしたが、まだまだNetflix勢への視線は厳しいんだなと感じました。

通常は最後に作品賞の発表があるのに、今年は主演男優賞が最後だったので、これはチャドウィック・ボーズマンの受賞を見込んで感動的に終わらせるつもりなんだろうなと思っていたらアンソニー・ホプキンスが受賞。

しかも本人はイギリスの中継地にも出席していなかったので、スピーチも取れず発表のみでサクッと淡泊に終了。後ほどコメントを出していたけど、代替の演出とか用意しなかったんだ...と冷めた気持ちになってしまった。

その中で個人的に盛り上がったのは助演女優賞を受賞した「ミナリ」のユン・ヨジョン。スピーチや囲み取材時のユーモアと知的さと誠実さが素晴らしくて、なりたいおばあちゃんがまた一人増えました。今は彼女が出ているリアリティ番組「ユン食堂」に夢中です。

news.yahoo.co.jp 

YUKI NEW ALBUM 「TERMINAL」

YUKIちゃんの新譜が4月28日に発売されました。 

www.yukiweb.net

彼女の言葉はいつもフレッシュで感覚的で赤裸々でセンシュアルで現実。

GWはMステ、CDTVライブ!に出演していて両方ともリアルタイムで見れて、一緒に歌えて嬉しい限り。

ツアーは東京だけでも行きたいところ。無事に開催されますように。 

 

GW報告

・散髪

ここ4年ほど黒髪ブームだったので地毛でしたが、ある日突然訪れる飽き...

アッシュグレーをベースに派手じゃないメッシュを入れてもらいました。気に入っていますが、鏡を見ると若干のギャルみに笑いそうになります。

・ピクニック 

同い年の飲み友達と二人でつまみを持ち寄り公園にてピクニック。

まぁ、二人だったらいいか...と敢行しましたが、隠す心が大事という謎理論によりワインの瓶は隠して注いだりしてました。

彼女は蛸飯と帆立のマリネとお手製メンマ、私は煮豚と煮玉子と苺を持ち寄ってダラダラ飲食。この上なく平和な時間でした。

・勉強

GWは合宿感覚で時間を決めて勉強をしていました。

6月に受けるやつはですね、私にとって模試なんです。本番は秋なんです。と言い訳をしながら地味に勉強してます…。

 ・家飲み

水餃子と鯵のマリネと薬味たっぷり冷奴で早目の時間から家飲みご飯。こちらも平和。

 ・衣替え

まだ終わってません。いつ完了するのかしら...週末かな...

毛布はコインランドリーで洗って、クローゼットにしまいました。私ではなくパートナーが…とても感謝しています…。

第93回アカデミー賞の予想と雑感

Oscars Nominations 2021: The Full List, From Best Actor to Best Picture

今年もやってきました。

明日(現地時間:2021年4月25日)は第93回アカデミー賞授賞式です。

日記的なものには既にちょこちょこ書いていましたが、授賞式前にまとめたものを書こうと思いつつ授賞式前日になってしまいました。

 

コロナ禍の第93回アカデミー賞

例年との大きな違いとしては、これまでの絶対条件だった「ロサンゼルス郡にある映画館での一定期間の上映」が覆り、ネット配信の作品も対象となったこと。

頑なに「映画館でやらない映画は映画じゃない」ぐらいの強気の姿勢を見せていた全米劇場所有者協会も今回は折れざるえなかったんだろうな。映画館が対象期間の3/4閉まってしまうなんて予想だにしてなかっただろうし。

対象期間も2ヶ月プラスされ(2020.1.1~2021.2.28)授賞式も約2か月の延期。

授賞式会場は恒例のドルビーシアター以外にロンドン、パリのほか合計20の遠隔会場が確保されている模様。今回の授賞式演出プロデューサーはオーシャンズシリーズのスティーブン・ソダーバーグ

全てが異例なのでどうやって成立させるつもりなのか純粋に謎でしかない。

 

なんとなく盛り上がり切れない

昨年が素晴らし過ぎたんですよね。作品群も授賞式も。

主要部門に絡んだ作品を思い出すだけでも「パラサイト」「ジョーカー」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」「ジュディ」「ストーリー・オブ・マイライフ」「ジョジョ・ラビット」「アイリッシュマン」「二人のローマ教皇」「マリッジ・ストーリー」「フォードVSフェラーリ」「1917」など名作、力作が豊富に揃っていました。

それに比べて今年はどうしても弱いと思わずにはいられない。

コロナ禍で大作が延期になっているし、オスカープロモーションしない作品(TENETとか)もあったりして...。

そもそもの母数が少ないのであまり迷いようがないのだけど、ぼんやりしていて気づいたら授賞式前日となっていました。

 

それでも予想はする

今年は作品賞、監督賞、主演男優、主演女優くらいは予想しておこうと思います。

ただ、前哨戦と言われるどの映画賞もなんだか混戦状態で全体の流れが掴めない年でした。

直前のデッドヒート感が薄かったのもいまいち気持ちが盛り上がらない要因のひとつなのかもしれません。

 

作品賞

ノミネート:「ファーザー」「Judas and the Black Messiah」「Mank」「ミナリ」「ノマドランド」「プロミシング・ヤング・ウーマン」「サウンド・オブ・メタル」「シカゴ7裁判」

何がくるのか正直全然分からない。

フロントランナーと見られている「ノマドランド」はドキュメンタリー作品に近い部分があるのと、例えば昨年だったらマイナーな感じの立ち位置の作品なので受賞は微妙な気がする。

だからといって他の作品に特に流れがきている印象もないし、他社がマイナスプロモーションをするほどの強い作品もない。

セオリーどおりの予想としてはSAGでアンサンブル賞を取った「シカゴ7裁判」ですかね。それか「ファーザー」か「プロミシング・ヤング・ウーマン」

全然絞れてない...こんなの予想じゃない(笑)

 

監督賞

ノミネート:トマス・ヴィンダーベア「アナザーラウンド」デヴィッド・フィンチャー「Mank」リー・アイザック・チョン「ミナリ」クロエ・ジャオ「ノマドランド」エメラルド・フェネル「プロミシング・ヤング・ウーマン」

これは多分クロエ・ジャオです。だってヴェネツィアは金獅子だし、トロントも観客賞だし、批評家協会賞は軒並み取ってるし、GG賞も英国アカデミー賞も全米監督協会賞も受賞してるんだから、そりゃあ取るよね。

アジア人としても女性監督としても受賞を期待している映画制作関係者は大多数いそう。そしてスピーチでアジアンヘイトに対する発言をして欲しいと思っている人も多そう。

 

主演男優賞

ノミネート:リズ・アーメッドサウンド・オブ・メタル」チャドウィック・ボーズマン「マ・レイニーのブラックボトム」アンソニー・ホプキンス「ファーザー」ゲイリー・オールドマン「Mank」スティーブン・ユァン「ミナリ」

チャドウィック・ボーズマン一択でしょう。遺作である今回を逃したら二度とチャンスはないわけですし。

ブラックパンサー」で初のアフリカ系主人公を務めただけでも英雄なのに、闘病生活を伏せて精力的に俳優活動を行っていたストイックさや同じ病気で苦しんでいる子どもたちの病院への慰問などの人間性の素晴らしさなど同業者からもリスペクトを集めているでしょうから絶対取る。取らなかったらきっと恨むと思う。ワカンダ・フォーエヴァー!!!!(ただのファン)

アンソニー・ホプキンスも今作の評価が非常に高く、英国アカデミー賞も取ってるから可能性はあるのかもしれないけど、まだこの先もっと素晴らしい作品に出てくれるのかも...という気がしてしまって、今じゃなくてもいいよね感はある。

 

主演女優賞

ノミネート:ヴィオラ・デイヴィス「マ・レイニーのブラックボトム」アンドラ・デイ「The United States vs. Billie Holidayヴァネッサ・カービー「私というパズル」フランシス・マクドーマンドノマドランド」キャリー・マリガン「プロミシング・ヤング・ウーマン」

どうなんでしょうね。ここも正直よく分からない。

SAGヴィオラ・デイヴィス、BAFTAはフランシス・マクドーマンドが取っていますが、批評家協会賞は軒並みキャリー・マリガンが取っているという状況。

個人的にはキャリー・マリガンを推します。単純に好きだし、どの映画評を見ても非常に評価が高いので今回はいけるかな、と。

 

結局明日は出社です

長々とただの愚痴みたいなことを書いてしまいましたが、楽しみにはしているんです。

しかし明日は出社。メインが発表されるであろう時間に昼休みを取り、オンタイムでtwitter実況する予定。

敬愛するメラニー氏の予想はこれから出るのかな。オスカー授賞式の楽しさや醍醐味を日本一言語化できている人。著書おすすめです。

product.rakuten.co.jp

4/13小林研一郎80歳(傘寿)記念&チャイコフスキー生誕180周年記念 チャイコフスキー交響曲 全曲チクルスBプロ

小林研一郎80歳(傘寿)記念&チャイコフスキー生誕180周年記念

チャイコフスキー交響曲 全曲チクルス Bプロ

2021年4月13日 19:00 サントリーホール

指揮:小林研一郎

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団

【プログラム】

チャイコフスキー交響曲第2番「小ロシア」

          交響曲第5番

 

仕事終わりに行ってきました。サントリーは昨年12月の庄司紗矢香さんのリサイタル以来。オーケストラの生音は2月の新国バレエ以来。

昨年行われる予定だった炎のコバケンチャイコ祭りは一年延期されて傘寿+1歳での開催。

P席近くにあった炎と書いてある垂れ幕がインパクト大。

 

演奏は本当に素晴らしかった!!!!

こんなに指揮者とオケの一体感がある演奏はなかなか聴けない。

2番もまとまりがあって、素朴な温かさがあってとても良かったのですが、やはり5番は最高でした。音楽の熱の伝わりがすごいし、オケ全員がコバケンの音楽に対する意図を隅から隅まで汲み取って音を出していて、お互いの信頼感と一体感が素晴らしかった。

特に5番2楽章のAndante cantabileは繊細で美し過ぎて鳥肌が...終わった時に思わず胸を手で押さえてしまった。

小林マエストロは軽やかに小走りで入退場されていて、まだまだお元気。最後のスピーチでは、無理かもしれないが90歳になってもこのようなこと(演奏会)ができればいいと仰っていて、本当に実現して欲しいと心から願っています。

小林マエストロが振る演奏会はいつ行っても、オケも客席もコバケン愛に溢れているのだけど、この日も熱いお客さんばかりで、愛が伝わってきて幸せな空間でした。

穀雨

今日は二十四節気でいう穀雨。種蒔や田植えの時期に降る暖かい雨のこと。

雨が降った時のぬるい空気感や草木の緑が深くなっていく様子に春を感じる日々です。

雨といえばイコール気圧の変化、そしてイコール Z・U・T・S・U・U 頭痛!!

偏頭痛で雨を感知するAIと化している私ですが、1番苦手としている急激な寒暖差による気圧の変化に比べればこの季節はそこまで辛くはないものの、緩やかな頭痛がずっとついてまわるのも鬱陶しいものです。

衣替えはまだできていません。多分GWには重い腰をあげるはず。

冬物のコートもクリーニングに出さねば。毎年左側だけ毛玉になるので出す時に結構恥ずかしいです。

 

行きつけの飲み屋の話

外食は控えていますが、飲酒はぼちぼち出かけています。

行きつけのバーにて、ジャズと本の話で仲良くなった年配の方が私が以前プレゼンした京極夏彦を昨年に読んで下さったらしく、そこからの流れで江戸川乱歩からの谷崎潤一郎を今読んでいるという胸熱なお話が聞けて、とてもお酒が進みました。

そのバーで不意にDes'reeの「You Gotta Be」がかかって少ししんみり。

10代で聴いても今聴いても染みる良曲。

以前は落ち込んだ自分を奮い立たせるために聴いていたけど、今は周りに落ち込む人がいたらこんな風に言ってあげられたらいいなと思う歌詞です。

You gotta be
(あなたならなれる)

You gotta be bad, you gotta be bold, you gotta be wiser
(時に悪く、時に大胆に、時に賢く)

You gotta be hard, you gotta be tough, you gotta be stronger
(時に厳しく、時にタフに、時にもっと強く)

You gotta be cool, you gotta be calm, you gotta stay together
(時にクールに、時に穏やかに、きっと一緒にいれるはずだから)

All I know, all I know love will save the day
(唯一確かなのは、愛がすべてを良くしてくれるということ)

 

買い物欲が炎上

4月に入って買い物欲に火がつきました。なんででしょう。春だから?

会社の近所にあるアパレルの事務所がファミリーセールをやっていて、セールの時のよーし、狩るぞーーー!!!という気持ちを思い出したからかもしれません。

 

CAMPFIRE返礼品

ホテルやレストランに卸す予定だったけれど、相次ぐキャンセルで在庫となってしまったソーセージを購入。ソーセージホワイト・バジル 2kg (各2パック 計4パック)

パートナー大好物のホットドックにしたり、スクランブルエッグや目玉焼きに添えてみたりしています。

清明

今日は二十四節気でいう清明。春先の清らかで生き生きとした様子を表す「清浄明潔」の略語。清々しい青空が広がる季節です。

都内はもう桜が散ってきていて、今年は春が過ぎるのが早いですね。

3月記を書いたばかりなのですが、もう少し頻繁に定期的に日々のことを書き留めていきたくて、4月から二十四節気に合わせて書いてくことを初めてみようと思います。

近所のスーパーは入口すぐが果物コーナーなので、自動ドアが開いた瞬間にぶわっと苺の香りがして誘惑から逃れられない。

今年もシーズンが過ぎるまで苺をひたすら買い続けることでしょう。

加えてこの季節で必ず食べるものは筍ご飯。

生の筍に火を加えたときのあの香りが大好きです。

衣替えもしなければ。来週あたり頑張ろう。

それと同時に春服も欲しくなるんだろうな。

こんな状況なので通販で買おうとはするのだけど、私は着てみないと似合うかどうかの判断が出来ない人間なため店頭を巡らざる得ない。ううむ。

短時間で良い出会いに恵まれることを祈ります。

では今回はこの辺で。

3月記

3月が終わるということは今年度が終わるということで、2月にモヤっていた仕事の諸々に一応の落としどころをつけ、気持ちを切り替えて新年度をスタートさせる方向。

しかし頭では納得していても、気持ちは全く追い付いておらず若干情緒が荒れ気味でした。

自分を甘やかしてみたり(主にアルコールと甘味)、ルーティン的なセルフケア(平たく言うと入浴、脚マッサージ、定期的な家事で生活を荒らさないなど)をしたりと手網を調整しつつ、まぁ何とか大丈夫です。

今月は誕生月でもありました。大学からの友人が送ってくれた「レベルUPおめでと」というLINEが嬉しかった。年齢だけじゃなく、人としてのレベル上げもしていきたいところです。

そんな3月のトピックスはこちら。

 

アメリカの映画館が再開

3月5日よりニューヨーク、3月19日よりロサンゼルスの映画館がそれぞれ約1年ぶりの再開ということで、人数制限はまだあるものの、延び延びになっていた大作達の公開が現実味を帯びてきてワクワクしています。

特に待ち望んでいた007。頼むから次回予定の2021年10月で公開しておくれよ。

クリストファー・ノーランが19日の初回に夫婦で普通に映画館に行っているところをキャッチされていた。映画館愛ですな。

theriver.jp

 

アカデミー賞予想本番②

3月15日にノミネーションが発表されました。日本時間だと22:30くらいかな~と早目にお風呂に入って22:00過ぎに諸々のサイトを開き始めたら、あれ...終わってる...出揃ってる...。サマータイムのことをすっかり忘れていました。NY在住の知人がサマータイムに入ったというのに雪、というツイートをしていたから認識していたはずなのに。うぅぅう…。

www.cinematoday.jp

今月はゴールデングローブ賞(GG賞)が発表され、英国アカデミー賞(BAFTA)のノミネートが発表されました。アンソニー・ホプキンス主演「The Father」が入ってきましたね。既に80歳を超えているのにほぼ毎年何かしらの作品に出演していて、精力的に活動してくれていて、しかも素晴らしい演技をされてて本当に凄い。こちらとしては感謝しかないです。

夏に熱狂を与えてくれた「TENET」はほとんど入っていなくて、オスカーを視野に入れたプロモーション活動をしないとこんなにもノミネートされないのかと驚きを越えて、少し悲しくなりました。

 

勉強再開

TOEICの勉強を再開。今年こそ受ける。

昨年6月に申し込もうとしたところ、北海道の会場しか空いてないことに衝撃を受けて心が折れて放置していたけど、いい加減頑張ろう。

頑張れよ!自分!

 

テレビ改変時期

今期ずっと観ていたもので終わりを迎えたのは「呪術廻戦」「PUIPUIモルカー」「バイプレイヤーズ

それぞれに夢中になって観ていました。

最終回が特に良かったのは「バイプレイヤーズ

まさかこのドラマで号泣するとは思っていなかった。唯一の本人役じゃないジャスミン(北香那さん)が、本人なのかジャスミンなのか分からなくなるような絶妙な展開に感動した。

次のクールで楽しみなのは、ジェーン・スーさんのエッセイ「生きるとか死ぬとか父親とか」のドラマ版。吉田羊さんのジェーン・スーコスが完璧過ぎる。

著書は大体読んでいるし、ずっとラジオを聴いているし、彼女がプロデュースしていたアイドルを追いかけていたことがあったりするので見逃せません。

 

カウンセリングに興味が出る

海外ドラマや映画でも今や当然のようにあるカウンセリングのシーンに密かに憧れていて、いつか私も相談のプロに心理状態を分析してもらえたらな~と思ってはいました。

最近ふと、友人や仕事関係者に相談に乗ってもらうのも非常にためになるし有難いのだけど、情も利害関係も無い第三者的な人に話を聞いてもらえたら楽なのにな、と思ったのがきっかけで、現在、職場〜家の間でクリニックを調べているところです。

来月か再来月には受けてみる予定。

 

今月のCAMPFIRE返礼品

ボタニカルファクトリー ボタニカノンソープセット

鹿児島県南大隈町の特産品となっているたんかん。傷モノや実が小さいモノ、そして高齢者の農家の方が採取できない高所にあるモノなどはそのまま放置されたり、出荷の選定の際に規格外品とされ、まだ食べられる果実が毎年数トン廃棄されているそう。それらから精油を抽出してコスメに活用することで農業廃棄物を減らそうという取り組み。

頂いたのは、たんかん1kg(12個)と石鹸2個(シトラスモイストソープ、ウッディーフローラルソープ)とボディソープ(シトラスハーブボディーソープ)

たんかんは多少傷があるけど味が濃くて美味しかった。あっという間食べてしまいました。

ボディソープも良い香りです。「地産コスメ」って良い言葉だな~。